製薬会社S社の導入事例

ノードグラフ 計測機器通信事業

購入前のお問い合わせ
製薬会社S社の導入事例

導入事例 製薬会社S社

製薬会社Sの導入事例

製薬会社S社様にて、ワクチン製剤の輸送時に、ShockWatch(ショックウォッチ)社温度データロガー「トレックビュー(TrekView)」を採用頂いています。

導入前の問題点

1.導入コストが1台数千円も掛かった

以前は、単回使用の温度データロガーを使用していました。単回使用の使い捨てタイプの温度データロガーにも関わらず、導入コストは1台数千円も掛かりました。

2.毎年買い直す必要がある

単回使用の温度データロガーは、1年毎に販売元に返送し、新しい温度データロガーと交換する必要がありました。

3.データを取り込む度に、有線接続するのが手間

多数の温度データロガーから温度データを取り込むために、何度も専用ケーブルとデータロガーを繋ぎ合わせ、PCに温度データの取り込みを行っていました。

導入後の改善点

1.導入と運用のコストを60%も削減できた

トレックビューは26回の設定が可能ですので、導入コストと運用コストコストを60%も削減することができました。

2.近距離無線で、データ取り込みの手間から解放された

トレックビューの温度データは、専用のリーダーを使用しPCに取り込むことが可能です。手間の掛かった温度データロガーの設定や、温度データの取り込みが短時間で行うことができるようになりました。温度データの取り込みは僅か数秒で行えます。

3.センサー精度とデータの信頼性の向上

トレックビューの出荷時には、「Certificate of Conformance(適合証明書)」が付属しています。NIST標準にトレーサブルな機器を使用して校正を行っており、また、タイマー機能、ボタン機能、LED点灯・点滅機能、通信機能、温度精度を含む機能確認を行っていることを証明しています。

トレックビューは、敢えて、使用回数を26回に制限させることで、カタログ仕様のセンサー精度とデータの信頼性を保証しています。

こういった点も、採用頂く際の選定基準となりました。

Social Network