低温流通体系コールドチェーンとは?

ノードグラフ 計測機器通信事業

購入前のお問い合わせ
低温流通体系コールドチェーン

低温流通体系コールドチェーン

コールドチェーン(低温物流体系)とは?

コールドチェーンとは、低温管理を必要とする製品を出荷から最終消費地まで冷蔵または冷凍状態を維持し、品質を保ったまま流通させる物流方式のことです。 私たちの生活はコールドチェーンによって支えられています。 製薬会社からコンビニベンダー、スーパーマーケットまでコールドチェーンを利用している企業や組織は様々で、対象となる品目は医薬品、化学薬品、血液バッグ、冷凍食品、生鮮食品、水産物、などと数え上げたらキリが無く、数多くの製品がコールドチェーンによって品質を保たれ流通しているのです。

例:医薬品の場合

医薬品(ワクチン製剤など)の管理温度域は2℃〜8℃です。

まず医薬品メーカーから物流センターへ幹線輸送され、仕分けられます。 仕分けられた医薬品はセンター便によって、各支店に配送され、そこから医療機関、調剤薬局などに配送されます。 また医療機関に配送された後もSPD(院内物流)によって医薬品は常に2℃〜8℃に保たれ続けます。

血液バッグの輸送

コールドチェーンが途切れることによる損害

コールドチェーンが途切れると取り返しのつかないダメージを製品に与えてしまいます。

例:医薬品が温度ダメージを被った場合

医薬品(ワクチン、血液バッグ)のコールドチェーンが途切れることによる被害は特に深刻です。 無事に集められた血液は血液製剤の原材料になります。血液製剤には「輸血用血液製剤」と「血漿分画製剤」があり、「輸血用血液製剤」は、外科手術等による出血のとき等に使用されます。一方「血漿分画製剤」は、熱傷(やけど)、肝臓病、血友病、腎臓病の患者さん、抗生物質が効かない感染症の患者さん等に使用されています。

コールドチェーンが途切れてしまい、閾値である2℃〜8℃を僅かでも超えてしまうと血液バッグは廃棄処分され、血液製剤不足を招き、治療が滞ってしまいます。

温度変化に晒されて廃棄される血液バッグ

コールドチェーンの課題

コールドチェーンには適切に温度管理がなされ品質が保たれたという保証がなくてはなりません。 そのため輸送中の製品が安全温度域を保っていたかを判断するデータロガーや温度感知シール(インジケーター)の搭載が必要になります。

また、仮に製品が安全温度域を保てなかった場合には、輸送中のどの区間で温度域を超えてしまったかを明確にし、責任の所在と対策を立てなければなりません。 そのためには輸送中の温度を恒久的に測定し、温度履歴を保存するデータロガーといった機器の搭載が不可欠です。

コールドチェーン製品一覧

Social Network