無線 温度データロガー 4000JP-PTシリーズの概要

ノードグラフ 計測機器通信事業

購入前のお問い合わせ

温度データロガー 4000JP-PTシリーズ(白金測温抵抗体プローブ)

4000JP-PTシリーズは白金測温抵抗体センサを用いた、特定小電力無線タイプ温度データロガーです。推奨環境は製薬会社、研究室、医療機関などです。

ディープフリーザー、フリーザー等


メーカーについて

4000JP-PTシリーズの製造元であるHanwell(ハンウェル)社は、大学の研究機関で培われたモニタリングシステムの開発技術を民生用 に広める事を目的に、1990年に設立された英国の会社です。 現在、ハンウェル社の環境モニタリングシステムは、欧米を中心に多くの製薬会社や、 美術館博物館で導入され、特定小電力無線分野に於いては、他の追随を許さない リーディングカンパニーとして知られています。
>>さらに詳しく

1.8km(直線距離)を誇る無線通信距離

特定小電力でありながら1.8km(直線距離)におよぶ無線通信距離は、優れた電波伝播を誇ります。 従来では無線リピーターを必要とした箇所への設置や、増設、移設が容易になりました。

既存のネットワークに干渉しないシステム

特定小電力無線なので、既存のWi-Fiを用いたネットワークに一切干渉しません。 屋内インフラを介さずにシステムを構築し、単独でSMSアラームの発報が可能です。 また、ネットワーク接続すれば、Eメールアラームも行えます。

推奨する使用環境

4000JP-PTシリーズに搭載される、白金測温抵抗体センサは-100℃〜110℃の広範な測定域を誇ります。 主に製薬会社や血液センター、病院、研究所など高い精度が要求される環境に適します。

遠隔地でのモニタリングが可能

専用アプリによって遠隔でモニタリングが可能です。 AppleやAndoroidなどのタブレットPCからデータの設定、閲覧が行えます。

FDA21 CFR Part11への対応

Hanwellデータロギングシステムは、FDA21 CFR Part11に準拠しています。 IQOQプロトコール付属。バリデーション受託を承っています。

4000JP-PT01

白金測温抵抗体温度1chに対応しています

測定範囲:-100℃〜110℃

精度:±0.1℃

分解能:0.1℃

4000JP-PT02

白金測温抵抗体温度2chに対応しています

測定範囲:-100℃〜110℃

精度:±0.1℃

分解能:0.1℃

Social Network