温湿度データロガーHL-4000-RPシリーズの概要

ノードグラフ 計測機器通信事業

購入前のお問い合わせ

温湿度データロガー HL-4000-RPシリーズ

HL-4000-RPは外付温度1ch、外付湿度プローブ1chの合計2chの外付けプローブで使用する温湿度データロガーです。 推奨環境は製薬会社、倉庫、フリーザー、研究室、医療機関など、多岐にわたります。


メーカーについて

HL-4000-RPシリーズの製造元であるHanwell(ハンウェル)社は、大学の研究機関で培われたモニタリングシステムの開発技術を民生用 に広める事を目的に、1990年に設立された英国の会社です。 現在、ハンウェル社の環境モニタリングシステムは、欧米を中心に多くの製薬会社や、 美術館博物館で導入され、特定小電力無線分野に於いては、他の追随を許さない リーディングカンパニーとして知られています。
>>さらに詳しく

高精度の温湿度センサー

搭載する2つのセンサーは、温度+/-0.1℃ @ -40℃〜+60℃、湿度では+/-2% @ 相対湿度0〜90%と、きわめて高い精度を誇ります。

任意に設定可能なサンプリング間隔

サンプリング間隔は、任意で最短10秒から24時間単位で設定することが可能です。 また、記録開始時間の設定が可能のため、あらかじめ現場に設置しておくこともできます。

その場で確認できる液晶画面

液晶画面上には、最新の計測データやバッテリー残量が表示されるので、その場で確認可能です。 また、異常値を検出すると警告が表示されます。

ソフトウェア

サンプリング間隔の設定や、データの管理は専用ソフトウェア(SW-200)で行います。Windows PCに対応しており、計測データの表示、分析、グラフ化、テキスト化、Excelでの使用も可能です。

バッテリー

バッテリーは単三アルカリ電池を使用します。 電池交換の際は最新の記録データが保存されるようになっています。 またデータロガーがPCに接続されている状態では、電池を取り外しても計測が中断されることはありません。

HL-4000-RP

HL-4000-RPは外付温度プローブ1ch、外付湿度プローブ1chの合計2chの外付けプローブで使用する温湿度データロガーです。

HL-4000-RP2

HL-4000-RP2は温度、湿度プローブが一体となり、1chでの温度計測が可能です。

Social Network