温度インジケーター ウォームマーク2の概要

ノードグラフ 計測機器通信事業

購入前のお問い合わせ

温度インジケーター WarmMark2 ウォームマーク2

WarmMark2(ウォームマーク2)は定温管理を目的に設計されたコールドチェーン向、温度上昇検知インジケーターです。 クラス最高レベルの温度精度と時間精度を備えており、規定値を超えて温度が上昇した際にウィンドウが青く染色し、規定値を超えた経過時間も知る事ができます。


メーカーについて

WarmMark2(ウォームマーク2)の製造元ショックウォッチ社は1976年に米国で設立されました。以来ロジスティックやコールドチェーン分野でのリスクマネージメントのパイオニアとして、研究開発に携わり、製品保護の世界的なリーディングカンパニーとして知られています。
>>さらに詳しく

スイッチ式だから保管の手間が不要

従来品では使用前に定温保管する必要がありました。 ウォームマーク2はスイッチを押すことにより作動するので、常温保存で使用可能です。

貼るだけで簡単に搭載

裏側のライナーを剥がし、ボタンが上になるように対象物に貼付けるだけで、セット完了です。

不可逆性だから確実に保存

規定温度値を上回るとインジケーターが青く変色します。 一度変色すると元の白色に戻る事がないので、確実に温度変化を把握できます。

規定値を超えた経過時間がわかる

インジケーターの染色の範囲によって、規定値を超えた経過時間がわかります。

Social Network